ラビットシネマ

映画館やVODで鑑賞した映画をただただ褒め尽くすブログです

MENU

『アリー スター誕生』あらすじ、鑑賞レビュー

アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパー監督・主演、現在の音楽業界を牽引するスター、レディー・ガガ主演で才能を見出されスターダムを駆け上がる女性を描いた『アリー スター誕生』試写会で鑑賞させて頂きました。

 

アリー/スター誕生 サウンドトラック



 

 

あらすじ

歌手を夢見るものの、自分に自信がなく夢を諦めかけているアリー。有名ミュージシャン=ジャクソンとの偶然の出会いが、彼女の人生を大きく変える。―「君の歌は奇跡だ」
激しく惹かれあうジャクソンと、全米のステージで一緒に歌う幸せな日々。しかし、一気にスターダムを駆け上っていくアリーは次第に自分を見失っていき…。
そして、ラストステージ―
愛と成功のはざまで、彼女がつかんだものとは―?

映画『アリー/ スター誕生』オフィシャルサイト

 

 

感想

一度消えた記事が消えてしまって萎えましたがなんとか頑張りました笑

本作は過去にも何度かリメイクされた作品ですがオリジナルもリメイク作も未見です。それ故に想像していたストーリーとは少し違い、思っていたよりブラッドリー・クーパー演じる世界的ロックスター、ジャクソンの物語でもあったかなという印象です。

 

本作の魅力はなんといっても世界の歌姫、レディー・ガガによる歌唱シーンです。

レディー・ガガ演じるアリーが初めてステージに立ち、大勢の観衆の前で『SHALLOW』を歌うシーンは胸にズシンと響くものがあります。レディー・ガガの圧倒的な歌唱力を大画面と大音響で体感できる喜びに心が震えるとはこういうことか!と思わされました。

そしてコンプレックスや周囲の冷たい声をはねのけスターダムを駆け上がる姿はガガ自身の姿と重なる部分もあり、スターになる前の夢を追いかける女性からスターまでの演技の振り幅とその説得力にも驚かされました。

 

そしてそして忘れてはいけないのは監督、主演を務めたブラッドリー・クーパーです。演技力はもちろんですが歌声ですよ!語彙力が迷子ですが本当にかっこよかったです。冒頭からジャクソンのライブシーンから始まるんですが、そこで心を鷲掴みにされました。その後もアリーを音楽の世界に引き込みかたといい、いちいちイケメンでした。

 

 

 

2018年は『グレイテスト・ショーマン』に始まり、『リメンバーミー』『ボヘミアン・ラプソディ 』と音楽映画が勢いがありますね。

音楽映画としてはもちろんアリーがスターダムを駆け上がるシンデレラストーリー、そしてラブストーリーとしても楽しめる最高にエモーショナル作品です。