ラビットシネマ

映画館やVODで鑑賞した映画をただただ好き勝手に褒め尽くすブログです

MENU

物語は新たなフェイズへ、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ&ネタバレ鑑賞レビュー

マーベル・シネマティック・ユニバース最新作にして『アベンジャーズ /エンドゲーム 』後の世界を描いた映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 』を鑑賞しました!

あらすじや感想、ちょっとした解説をネタバレありで公開していますので未鑑賞の方はご注意ください。

 

映画 スパイダーマン ファー・フロム・ホーム ポスター 42x30cm 2019 ファーフロムホーム マーベル アベンジャーズ MARVEL ピーター パーカー トム ホランド サミュエルLジャクソン ゼンデイヤ ジョン ファヴロー

 

 

 

 

 

あらすじ

師であるアイアンマンことトニー・スタークから託された、ヒーローとしての責任。ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、悲しみを忘れ去る為、街の平和に努めていた。そしてようやく訪れた夏休み。ピーターは、大好きなMJ(ゼンデイヤ)、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)達と共に楽しみにしていたヨーロッパ旅行に出かける。
 
この旅でMJに自分の気持ちを打ち明け、最高の夏休みにしたいと願うピーターを待っていたもの、それは元S.H.I.E.L.D長官のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。迫りくる新たなる脅威を察したニックは、異次元から来たというミステリオ(ジェイク・ギレンホール)と共に既に戦う準備を始めていた。そこにスパイダーマンの力も必要としていたのだ。 
 
突如としてヴェネチアに出現した巨大な人型の“水”。 その圧倒的なパワーに翻弄されるピーターは「ソーは? キャプテン・マーベルは?」とアベンジャーズのヒーローたちに助けを求めるも、彼らは不在。この巨大な敵を相手にまだ戦い方すら掴めないスパイダーマンに替わり、果敢に戦いを挑むミステリオ。空中で両手から強力な光線を放ち、敵を制する。ここに新ヒーローが誕生した。
 
ヴェネチア以外でも、“火”や“土”の巨大な敵が現れ、ニックを中心とした攻防戦が続く中、ピーターは決意する、「世界には新しいアイアンマンが必要だ」。トニーから引き継いだ“鉄の意志”。
親愛なる隣人から、真のヒーローへ。厳しい戦いに立ち向かい、挑み、闘うスパイダーマン
新しいアイアンマンとなる為に—。

引用元:映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

 

 

ネタバレなし感想

 

衝撃的なラストを迎えた『アベンジャーズ /エンドゲーム 』のその後の世界を描き、MCUのフェイズ3のラストを飾る作品として注目が集まった本作ですが、率直な感想を言えばその期待を裏切らない最高なスパイダーマン映画でした!

 

スパイダーマンの魅力の一つとして等身大なヒーロー像が挙げられると思います。

我らが親愛なる隣人スパイダーマンはエンドゲームの最終決戦に参戦して世界を救ったスーパーヒーローではありますが、その前に16歳の少年なのです。

アイアンマン亡き後、その偉大すぎるヒーローの跡を継ぐ重責と、高校生として青春を謳歌したいという少年らしい真っ直ぐな気持ちとの間で葛藤する等身大のヒーローの姿が見事に描かれています。

 

少し大人びた(?)ネッドとの友情や、恋のライバル、クセの強い教師たちやMJとの恋の行方、なによりもピーター・パーカー役のトム・ホランドの可愛さが詰まった学園ものとしても楽しめる作品になっています。

 

そして鑑賞者はそんな個性的なクラスメイトとピーターたちと共に研究旅行に出掛けます。

ヴェネチアプラハ、ベルリン、ロンドンとヨーロッパの国々を飛び回り活躍するスパイダーマンの姿も注目ポイントです。

 

そして最大の魅力と言えば新ヒーロー、ジェイク・ギレンホールが演じるミステリオの存在です。

世界各地を襲う謎の怪物、エレメンタルズに立ち向かうスパイダーマンの前に突如として現れたミステリオ。

 

果たして彼は味方なのか敵なのか?

 

彼の目的は?そしてその正体とは?

 

今の時代だからこそのスパイダーマン映画。

予想の斜め上を行く展開とハラハラドキドキのハイスピードなアクションにサプライズの数々でまさにジェットコースターに乗っているかのような気分で楽しめる作品でした。

 

もちろんエンドロールの間と終わりにも映像がありますので最後までじっくりと鑑賞することをオススメします。

 

 

 

以下ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

 

ミステリオの正体

 

アース833という別次元からエレメンタルズを倒すためにやってきたと名乗る謎のヒーロー、クエンティン・ベック扮するミステリオ。

ヒーローとしての責務と青春の狭間で悩むピーターの良き相談相手として、そしてヒーローとしてもピーターの新たな指針にもなりそうなどこかトニーを思い出させる謎の男。

 

結論から言うとミステリオはヴィランでした。

それは大方、予想通りだとは思いますが衝撃なのはその正体。

スターク社が開発して『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』に登場したB.A.R.Fシステム。

使用者の過去の記憶からホログラムとして映像を映し出して疑似体験できるバーチャルリアリティ技術です。

ミステリオことクエンティン・ベックはそのホログラム映像とドローンによる破壊行動を巧みに使ったトリックでヒーローを演じていた元スターク社のB.A.R.Fを開発した科学者でした。

クエンティン・ベック自体には何のスーパーパワーもなく、空を飛んだり手からビームを発射してエレメンタルズと闘うミステリオの実態も無く、全てはホログラム映像という衝撃の事実。

 

B.A.R.Fをセラピーの道具として利用したことに抗議した彼をクビにしたスタークを恨み、彼亡き後、トニーの権力や権限を奪い、次のトニー・スタークとなり世界を掌握することがミステリオの目的です。

 

そして彼の協力者として登場したのが『アイアンマン』のヴィラン、オバディアの下でアーク・リアクターを作ろうとするも作れずオバディアに叱責されていたあの技術者でした。

 

共通点はスターク社に恨みがあるということでしょうか。

(前作『スパイダーマン:ホーム・カミング』のヴィランであるヴァルチャーも仕事を奪われ、スタークを恨んでいました。MCUスパイダーマンヴィランは全員スタークに所縁のある人物縛りなのか?)

 

ミステリオがその正体を明かすシーンはなかなかの衝撃的な場面でした。

 

ミステリオはスタークが自身の後継者をピーターとして、彼の権限を行使できるシステム「イーディス」をピーターに託すことを知り、そのシステムを奪うために計画を実行しました。

 

ヴェネチアの街中をピーターとMJが歩くシーンでバラを持った男に話しかけられ、「ボゥ」という言葉で撃退する場面の前後でミステリオの仲間であり、彼がヒーローを演じるためのシナリオを考える脚本家でもあるグートマンがピーターとMJの後を尾行していることが確認できます。

このことからもピーターに近づくために研究旅行で訪れるヴェネチアでハイドロマンと闘うヒーローを演じたことが分かります。

 

虚構の存在であるミステリオと戦うスパイダーマン

純粋で素直なピーター・パーカーにとってある意味最強なヴィランとなりました。

ホログラム映像に惑わされ窮地に立たされるスパイダーマンですがヒーローとしての自覚に目覚め、ピーター・ムズムズ(?)を発揮して見事にミステリオを打ち破りました。

ミステリオに一度破れた後、ヒーローの通過儀礼とも言える新スーツ製作シーンは感動です。

 

ちなみにベックが来たと言うアース833は原作コミックではスパイダーUKというヒーローがいる世界だそうです。

本編で語られた世界はアース616でコミックでも正史の世界と言われています。

 

サム・ライミスパイダーマンの世界はアース96283でアメイジングスパイダーマンの世界はアース120703と言われています。

 

予告映像でマルチユニバースの存在が語られ、MCUにもマルチユニバースの概念が!?と盛り上がりを見せていただけにそれが嘘だったことは少し残念ですね。

しかし、マルチユニバースの存在が完全に消滅したわけではありません。

忘れた頃に嘘だと思わせたこの設定を実は本当でしたとマルチユニバースが展開される日も来るかもしれません。

 

 

 

今後のスパイダーマン(エンドクレジット映像その1)

 

エンドクレジット後の映像でMJとNYの街中をウェブスウィングデートするスパイダーマン

そこに街頭モニターに臨時ニュースが飛び込みます。

画面に映し出されたのはスパイダーマンシリーズではお馴染みのデイリー・ビューグルのJ・ジョナ・ジェイムソンでした。

驚いたのは彼を演じたのがサム・ライミ版『スパイダーマン』でも同役を務めたJ・K・シモンズだったことです。

これはスパイダーマンファンには堪らないサプライズとなりました。

 

そしてアンチスパイダーマンとして有名な彼が特ダネとして流した映像はベックが死ぬ間際にスパイダーマンを事件の黒幕に仕立てあげ自身が彼に殺されると打ち明けた衝撃の内容。

そして映像の終わりにはスパイダーマンの正体がピーター・パーカーだとご丁寧にピーターの顔写真付きで公開したのです。

 

ある人物から提供されたというこの映像はロンドンの戦いの最中にベックが仲間の技術者であるウィリアムに作らせていたホログラム映像です。

決着後ウィリアムがパソコンから何かのデータをUSBメモリのようなものにダウンロードしていた描写がありました。

 

このことからもスパイダーマン3では世間から悪者扱いされ正体もバレてしまったピーターの活躍が描かれると思います。

これまでの作品とは違い少しシリアスな展開になるかも知れませんね。

 

ピーターの疑惑をどのように晴らすのか?

それにはミステリオが悪者だったと証明する必要があるかと思います。

しかし、現状では証拠はありませんのでミステリオの嘘を暴く必要があります。

もしかしたらミステリオは死すら偽装している可能性もあるため、次回作にも何らかの形で登場するかもしれませんね。

 

気になるのは本作を持ってマーベルとソニーの契約が終了することです。

 

契約を延長するのか?それともMCU離脱するのか?

マルチユニバースの概念が明るみになった際にはスパイダーマンが別次元へと行く形でMCUを離脱するのでは?と心配されましたがそれは杞憂に終わりましたが今のところ今後のスケジュールが発表されていないので続報を待ちたいと思います。

 

予想としては前作ホームカミングでのヴィラン、ヴァルチャーの再登場はありえる気がします。

そしてミステリオも生存しているとなるとシニスター・シックス登場の線もありそうです。

 

伏線としてマック・ガーガン(スコーピオン)が登場してもおかしくありませんしヴィランが結集する流れを期待しています。

 

ピンチに陥るスパイダーマンを救うかつての敵としてヴァルチャーが颯爽と舞い降りて共闘するような胸熱展開にも期待です。

 

個人的に気になるのがフラッシュです。

コミックではシンビオートと結合しエージェント・ヴェノムとしても活躍する彼ですが。

MCUではお金持ちで親は大企業の経営者という設定なのでスパイダーマンに憧れる彼が何らかの形でスーパーパワーを手に入れヒーローorヴィランになる日も来るかも?

 

学園青春モノとしての色も強いMCUスパイダーマン

クラスメイトである友人が敵になる、または友と共闘するのも個人的にはスパイダーマンらしいのでは?と思います。

 

 

 

 

今後のMCU(エンドクレジット映像その2)

 

 

車を走らせるフューリーとヒル

車中で見つめあう2人でしたが次の瞬間、2人の容姿はスクラル人に変わりました。

実は本作でフューリーとヒルだと思っていた人物は『キャプテン・マーベル』に登場したスクラル人のタロスとその妻、ソレンが擬態していたのでした。

 

今回の一件をフューリーに報告するタロス。

一度戻ってきてほしいというメッセージを受けたフューリーは宇宙にある基地のような場所にいました。

そして周りには多くのスクラル人と思われる人物の姿が。

 

『ガーディンズ・オブ・ギャラクシー3』や『キャプテン・マーベル』、そして『エターナルズ』

今後のMCUは宇宙を舞台に物語が展開されていきそうですね。

 

 

『アイアンマン』での「I am Iron Man」の発言から始まり『アベンジャーズ /エンドゲーム 』の「I am Iron Man」で終わりを迎えたインフィニティ・サーガ。

 

本作ではピーター・パーカーとMJが夜のプラハに繰り出す場面でMJに正体を打ち明けます。

 

「I am Spiderman」

 

ひとつの時代が終わり、新たな時代の始まりを宣言するかのような言葉にも思えました。

 

フェイズ4からのMCUからも目が離せませんね。

 

 

予告編と本編の相違点 

 

もはや映画あるあるともなった予告編であったあのシーン実際に映画館で観たら無くない?問題。

本作でも結構見受けられたのでまとめてみます。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

  • ピーターがパスポートを受け取りに行くシーン
  • デルマーさんの店に買い物をしに行くシーン
  • NYでアイアンスパイダーが悪党退治&警官とのやりとり
  • ロンドンの戦い(ジェットが爆破するシーンでドローンが消されている)

 

また未公開シーンは『ピーターのやることリスト』として円盤化された際に特典映像として収録されるそうです。