ラビットシネマ

映画館やVODで鑑賞した映画をただただ褒め尽くすブログです

MENU

『クリミナル・タウン』鑑賞レビュー(ネタバレ)

ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートと『キック・アス』のクロエ・グレース・モレッツ主演のスタイリッシュ・クライム・サスペンス『クリミナル・タウン』鑑賞しました!

 

クリミナル・タウン(字幕版)

 

 

あらすじ

初めて彼女とsexした日、親友が殺されたー

ワシントンD.C.で起こった、優等生射殺事件。警察、学校の不可解な対応に疑問を持ち、親友の死の真相を知るため事件を追う高校生アディソンと幼馴染のフィービー。踏み込むほどに深まる謎。やがて、二人は戻れないところへと、足を踏み入れていくー。

引用元:映画『クリミナル・タウン』公式サイト

 

 

今、最も旬なキャストの共演!

 

事件の真相を独自に追う高校生の主人公、アディソンを演じるのは『ベイビー・ドライバー』、『きっと、星のせいじゃない。』などで注目を浴びている、アンセル・エルゴートです。

本作は、『ベイビー・ドライバー』より以前に撮影されており、まだ垢抜けていない姿が垣間見れます。14日、シネマカリテで行われたトークショーに登壇された映画ソムリエの東紗友美さんは、本作の魅力はアンセル・エルゴートの垢抜けていないふてぶてしさだと語っていました。

eiga.com

 

周囲に制止されながらも、銃殺された友人の事件の真相を追う高校生を見事に演じています。

 

 

そんな主人公、アディソンの捜査に協力するガールフレンドのフィービーを演じたのは、『キック・アス』のヒットガールで一躍有名となったクロエ・グレース・モレッツです。

 

 

少女から立派な女性に成長しましたね。

キック・アス』のリブート作品でヒットウーマンとして登場しないかと密かに淡い期待を抱いています。

本作は、クライムサスペンスというよりは、高校生の青春、ロマンスの割合が比較的多かった印象です。

今回、クロエとアンセルはベッドシーンにも挑戦しています。

 

 

 

 

ワシントンD.C.に蔓延る犯罪の影

 

今回舞台となるのはアメリカ合衆国の首都、ワシントンD.C.です。

本作では麻薬を巡って事件が発生し、解決へと奔走するいわゆる麻薬捜査の物語なのですが、ワシントンD.C.を舞台に麻薬捜査をする高校生の物語は過去にあったでしょうか?

かなり珍しいんじゃないかと感じました。

ワシントンD.C.にそういったイメージがなかったので新鮮に感じました。

 

感想

 

アンセル君がクロエちゃんの協力を得て、独自の捜査で名探偵ばりに名推理をするサスペンス映画だと思っていたのですが、、、

シナリオはあと一歩という感じでしょうか。

 

アディソンの親友が日中職場のカフェで銃殺され、警察は不良の黒人少年が麻薬を巡るギャング同士の抗争に巻き込まれて殺された。という見解をでした。

それに疑問を感じたアディソンが独自捜査に乗り出すわけですが、、

結果的に親友は麻薬に手を出しており、殺される数日前にクラブで売人の逆鱗に触れる発言したことから恨みを買い、殺害されたのでした。

 

なぜアディソンが真相にたどり着いたのか?

それは事件現場に居合わせた友人の目撃情報と証言でした。

最近ヤバい奴らとつるんでるという話を聞いて、そのヤバい奴らを訪ねたらそいつが犯人でしたというシナリオでした。

アディソンの推理だったり、もう少し山場があってもよかったかなという印象でなんとも消化不良でした。

 

とは言ってもこれからのハリウッドを牽引して行くであろう俳優の演技は見ものでした。

 

 

クリミナル・タウン』は、8月25日から東京・新宿シネマカリテほか全国公開です。