ラビットシネマ

映画館やVODで鑑賞した映画をただただ好き勝手に褒め尽くすブログです

MENU

ネタバレ注意!『アベンジャーズ /エンドゲーム 』気になるところがっつりネタバレ考察

 

映画 アベンジャーズ エンドゲーム ポスター 2019 AVENGERS : ENDGAME アイアンマン マイティ ソー ハルク キャプテン アメリカ ブラック ウィドウ ホークアイ スパダーマン ブラックパンサー ガーディアンズ オブ ギャラクシー アントマン ドクター ストレンジ マーベル ウィンター ソルジャー バッキー バーンズ サノス アイアン スパイダー MARVEL END GAME ディズニー インフィニティ ウォー POSTER

 

26日、遂に公開された『アベンジャーズ /エンドゲーム 』

疑問に思ったことについて4回の鑑賞でわかったこと・分からなかった事をまとめてみました。

記事の内容はすべてネタバレなので未鑑賞の方はご注意ください。

 

※記事の内容は随時追加&編集していきます。

※この記事は『アベンジャーズ /エンドゲーム 』の結末や内容に関わる重大なネタバレをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.MCUのタイムトラベルについて

 

本作で一番ややこしいのはタイムトラベルの概念だと思われます。

ネットでも様々な食い違う意見を目にします。

MCUのタイムトラベルのルールを知る上で本編で注目すべきはハルクとエンシェント・ワンのセリフだと思います。

 

過去に行き幼いサノスをどうにかしようと言うローディに対してサノスはこのように発言しています。

「過去に行ってもそれは君の未来になる。君の現在が過去になるだけだ」のような発言をしています。

タイム・ストーンを取りに来たハルクに対してエンシェント・ワンはタイム・ストーンを持っていけばハルクの世界は助かるかも知れないがストーンを失った世界は脅威に対抗する術をなくすと発言しています。

 

つまりは過去にタイムトラベルをして過去を改変したところで現在はなにも変わらないということです。

そのためアベンジャーズは過去を変えるのでなく、サノスの指パッチンにより消滅した人々を取り戻すために過去からインフィニティ・ストーンを奪う「タイム泥棒作戦」を実行したのです。

過去を変えた場合、新しい並行世界(パラレルワールド)が生まれます。

本編で言えばソーが過去のアスガルドからムジョルニアを持ち去った場面や過去のニューヨークでロキがスペース・ストーンを利用して逃げ出した場面などのタイミングで現実が変わり新しい並行世界が誕生しました。

しかし、どれだけ過去の出来事が代わり、新しい並行世界が生まれてもこれまでのMCU世界線の現実が変わることはありません。

 

 

 

2.ラストシーンのキャプテン・アメリカについて

 

最後の戦いの後、平穏を取り戻した世界でキャプテン・アメリカはストーンを戻す旅に出ます。

タイムトラベルで過去に戻り、その場でどれだけの時を過ごしても現在の時間では10秒程度しか時は流れません。石を戻してすぐにキャプテン・アメリカは現代に戻る予定でした。

 

しかし、キャップは戻ってきませんでした。

 

その代わりにバッキー達は水辺のベンチに腰掛ける老人の姿のキャプテン・アメリカスティーブ・ロジャース)を見つけます。

 

石を戻した後、自分の人生を生きるみたくなったと語るスティーブの指には光る指輪が。

 

ここから1970年ニュージャージーにスペースストーンを戻したキャップは現代に戻らずにペギーと人生を共にして自分の人生を生きたことが分かります。

ティーブとペギーが約束のダンスを踊るシーンは感動的でした。

 

また、最後のバッキーとの「戻るまでバカはするなよ」というキャップに対して「お前がいないとバカも出来ない」というセリフは『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』にて、超人血清を打つ前の貧弱だったスティーブと先に入隊が決まり戦場に赴くバッキーとの最後のやりとりからの引用でした。この時はバッキーの「帰還するまでバカはするなよ」に対して「お前抜きじゃできない」とスティーブが答える形でした。

 

 

過去に戻り自分の人生を生きたスティーブはどのようにラストシーンに登場したのか考えてみます。

 

キャップがタイムマシーン?で過去に戻り10秒後、彼は戻ってきませんでした。

その際にハルクが「もうとっくに戻っているはずだ」というセリフがあります。

このセリフが吹替版では「タイムスタンプを見るともう戻っているはず」というセリフに変わっています。

このことからキャップは過去に戻りその後ずっとそこの時代で暮らしてそのまま現代まで生きてあの場所に現れたわけではないという事が分かります。

キャップがタイムトラベルで過去に行き、自分の人生を謳歌したのち、ラストシーンのあの場面に現れるにはタイムトラベルを行わないと戻ってこれません。

 

恐らくストーンを過去に戻しに旅立ったキャップはそれぞれの石をそれぞれの時代に戻し、最後に向かったのが1970年のニュージャージー、その時間軸でペギーと結ばれたことで歴史が変わり新たな時間軸(並行世界)が発生しました。

その新しい世界で自分の人生を生きたキャップはペギーの最後を看取り、ラストシーンの現在へとタイムトラベルで戻ったのだと思われます。

この並行世界ではもちろんキャプテン・アメリカは2人(過去に戻ったキャップと海の下で氷結して眠っているキャップ)存在しているものと思われます。

 

 

f:id:rabbitman12:20190428114110j:image

 

 

 

3.2代目キャプテン・アメリカスティーブ・ロジャースか?

 

 

先述のようにラストシーンでストーンを各時代に戻すタイムトラベルに向かったスティーブ・ロジャースは1970年にスペース・ストーンを戻した後、現在に戻らずその時代で自分の人生を生きたと思われます。

そこで過去が変わり新しい並行世界が発生したわけですがスティーブはどのような人生を歩んだのか?

争いとは無縁の生活を過ごして貰いたいと思う気持ちもありますが正義が服を着て歩いているような根っからのヒーローであるスティーブが悪を見過ごしたり、助けを求める声を無視するようなことはあり得ないのではないでしょうか?

最愛の存在であるペギー・カーターが長官を務めるシールドはヒドラが内部から蝕み、親友であるバッキーはウインターソルジャーとして暗殺に利用されては冷凍保存されていることをスティーブは知っているので尚更です。

 

このようなことからも仮説として1970年においてスティーブはキャプテン・アメリカとしてヒドラを壊滅させたのではないでしょうか?

この仮説を裏付ける証拠として老人の姿でサム達の前に現れたスティーブがサムに引き継いだキャプテン・アメリカの盾はこれまでMCUで使用されていた盾とはデザインが若干異なっていました。

1970年の過去の世界の盾はキャプテン・アメリカと共に氷漬けになっています。

そのため未来からやってきたスティーブのために新しい盾が作られたのではないだろうか。

『キャップ・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』の時点で盾の原材料であるヴィブラニウムは試作品で作られた盾の一点のみ。

しかし、未来からやってきたスティーブはヴィブラニウムの産出国であるワカンダを知っています。

 

1970年、新しくできた並行世界において氷漬けになっていたキャプテン・アメリカの代わりに2代目キャプテン・アメリカとして活躍したのは未来からやってきたスティーブ・ロジャースだったのでした。

 

 

THE AVENGERSで英語が話せる本

THE AVENGERSで英語が話せる本

 

 

 

 

4.キャプテン・アメリカはレッドスカルと再会した?

 

 

インフィニティ・ストーンの1つ、ソウルストーンの番人兼案内人としてヴォーミアで登場したレッドスカル。

キャプテン・アメリカ第1作『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のラストシーンにおいてキャップとの戦闘中にスペースストーンに触れたことによって消えた彼はヴォーミアに転送されていたことがわかりました。

キャップと因縁があるレッドスカルですが劇中では2人は面と向かって会うシーンはありませんでしたが、キャップがストーンを元の場所へ戻したとなると当然ヴォーミアにも訪れているはずです。

今回残念ながらその様子をスクリーンで確認出来ませんでしたが、これだけ緻密に練られたストーリーにファンの期待に応えた演出がなされていたのでインフィニティ・ウォーでレッドスカルを登場させる時点で2人の再会は考えられていたと思われます。もしかしたらBlu-ray登場の特典てして未公開映像でキャップとレッドスカルの再会シーンが見られるかもしれませんね。

 

 

 

5.ガモーラの行方について

 

 

インフィニティ・ウォーにおいてサノスがソウル・ストーンを手に入れるために犠牲となったガモーラでしたが、エンドゲームでは2014年のクィル達と出会う以前の過去ガモーラとして登場しました。

過去ネビュラの策略によってタイムマシーンで現在へとやってきたサノスらとともに最終決戦に参戦。そこでサノスを裏切りクィルとも出会いましたがその後のトニー・スタークの葬儀に集合するガーディアンズメンバーの中にその姿はありませんでした。

その後、新アスガルドで王位をヴァルキリーに託したソーと共に愛機ミラノ号で旅立つ際にガモーラをモニターで探索するクィルの姿が見えました。

 

恐らく採取決戦においてトニーの指パッチンによって他のサノス軍らと共に消滅してしまったのではないかと推測出来ます。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』ではソーと共にガモーラをどうにかして取り戻すストーリーとなる可能性が見えてきました。

しかし、監督のジェームズ・ガンの降板からの復帰騒動の関係で2021年に控えているDC映画『The Suicide Squad』があるため、ガーディアンズ新作はそれ以降となりそうです。

 

 

6.ヒーローだけじゃない?監督達もアッセンブルしていた

 

 

マーベル・シネマティック・ユニバースでは監督達が本編にカメオ出演していることがよくあります。

代表的なのは『アイアンマン』シリーズの監督、ジョン・ファヴローが演じるトニー・スタークの運転手兼ボディーガードのハッピー・ホーガンとしてシリーズに多数出演しています。

 

エンドゲームにおいても監督達が出演しているシーンが見受けられました。

 

まずは上記でも挙げた『アイアンマン』シリーズの監督、ジョン・ファヴローはお馴染みのハッピー・ホーガン役での出演。

トニー・スタークの葬式においてトニーの娘のモーガンを抱き抱え、モーガンに食べたいものを尋ねるシーンでトニーの好物だったチーズバーガーが食べたいと答えるモーガンとのやりとりが印象的でした。

 

次に『マイティ・ソー/バトルロイヤル』で監督を務めたタイカ・ワイティティは同作でも演じた岩のような見た目のクロナン人であるコーグとして出演。最終決戦にもしっかりと参戦しています。

 

そして本作の監督と『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』から主にキャプテン・アメリカシリーズを手掛けるルッソ兄弟ジョー・ルッソ

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にもカメオ出演していた彼も本作ではキャップが参加していたグループセラピーで同性愛者の男性役で出演しています。

 

また、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督の弟のショーン・ガンもラベジャーズのクラグリン役として最終決戦に参戦しているようです。

 

MCUBIG3と呼ばれるアイアンマン、キャプテン・アメリカマイティ・ソー

それぞれの作品でこれまで監督を務めてきた彼らがそれぞれのキャラクターに関連するシーンで本作に出演している姿は感慨深いものがありました。

 

 

7.スコット(アントマン)が話しかけた自転車の少年は誰か?

 

 

本編序盤で量子世界から5年が経過した現実に帰還したアントマンことスコット・ラング。

サノスの指パッチンにより人類の半分が消滅し、変わり果てた街を彷徨う彼は自転車で通りかかった少年に声を掛けます。しかし少年は振り向きスコットと顔を合わせますが、無言で去ってしまいました。

少し意味深なシーンなこともあり、何よりもイケメンなため気になった方もいるのではないでしょうか?

一部では『アイアンマン3』でトニーが出会い、エンドゲームのラストシーンであるトニーの葬式にも参列しているタイ・シンプキンス演じるハーレー・キーナーだという意見も見受けられますがハーレー君とは別人です。

 

www.instagram.com

タイ・シンプキンス

 

 

スコットが出会った自転車の少年を演じたのはジャック・チャンピオン君。

 

www.instagram.com

ジャック・チャンピオン

 

IMDbによると彼の役はkid on bike(自転車の子供)となっています。

2020年から公開が予定されている『アバター』の続編にあたる新シリーズ4作品では、パンドラでの生活を好む人間の男の子を演じることが決定しており、今後の活躍に期待です。

サノスの指パッチンを生き残り、世界の終わりとヒーローの活躍を目の当たりにした彼が、数年後にMCUでヒーローを演じる日がやってくるかもしれません。

 

eiga.com