ラビットシネマ

映画館やVODで鑑賞した映画をただただ好き勝手に褒め尽くすブログです

MENU

映画『耳をすませば』の舞台を訪ねて【聖地巡礼】

「好きなひとが、できました」

 

スタジオジブリが贈る青春映画の金字塔、『耳をすませば

その物語のモデルとなったされる街・聖蹟桜ヶ丘に行ってきました。

 

耳をすませば [DVD]

 

 

耳をすませば』のモデルとされる聖蹟桜ヶ丘は東京都多摩市にある京王電鉄京王線の駅です。

耳をすませば』の主人公、雫が父親にお弁当を届けに向かう電車で出会った猫・ムーンを追いかけて不思議なお店、地球屋に辿り着きます。

物語でも印象的なシーンの舞台を訪れ、映画に思いを馳せてみました。

 

 

f:id:rabbitman12:20190110191531j:imagef:id:rabbitman12:20190110191644j:image

 

 

 

西口改札から出た広場には聖蹟桜ヶ丘散策マップが設けられています。

 

f:id:rabbitman12:20190110192204j:image

 

f:id:rabbitman12:20190110205906j:image

 

地球屋風の青春ポストも設置されています。

 

 

 

f:id:rabbitman12:20190110210003j:image

 

聖蹟桜ヶ丘駅前の交差点を渡り雫がムーンを追いかけた通りを道なりに進みます。

 

 

f:id:rabbitman12:20190110210817j:image

 

緩やかなカーブののち、丘を登る坂道に続きます。この風景はアニメとよく似ていました。

 

 

f:id:rabbitman12:20190110215128j:imagef:id:rabbitman12:20190110215215j:image

 

丘を通るいろは坂を歩いていくと、雫が駆け下りていった階段がありました。登るのが結構キツかったです笑

映画でも印象に残るシーンなので雫のように思い切り駆け下りたい衝動を抑え、ゆっくり歩きました。

 

 

f:id:rabbitman12:20190110215559j:image

 

丘を登りきり左の道に進むとすぐに金比羅神社があります。ここは杉村が雫に告白をした場所ですね。

思っていたより小さな神社で、思い切り住宅街の中にあります。

 

ここで誰かに告白をする時は近隣に迷惑にならないよう静かに想いを伝えましょう。

もし告白が上手くいってもいかなくても騒いだりせずに用が済んだら近隣の方の迷惑にならないよう、速やかに解散しましょう。

 

 

f:id:rabbitman12:20190110215946j:image

 

映画ならいろは坂の途中で図書館があるのですが実際にはありません。

 

丘を登りきり歩いていると、映画の記憶が思い出されていきます。

この景色出てきたなーとワクワクしながら足を進めます。

 

 

f:id:rabbitman12:20190110231823j:image

 

すると作中では地球屋のあったロータリーが!

こんな丘の上にロータリーがあるとは何とも不思議な感じです。

 

実際にはロータリーに地球屋も地球屋のような古物屋さんもありません。

 

しかし、このロータリーには耳すまファンの聖地となっているノアという洋菓子店があります。

耳すま由縁の洋菓子や耳すまの思い出を綴るノートが用意されています。

雫と聖司の顔はめパネルもありました。

 

今回は時間がなかったのでまたの機会に訪ねてみたいと思います。

 

ノア洋菓子店

 

 

 

まとめ

 

耳をすませば』以外にも様々なアニメや物語の舞台となっている“聖蹟桜ヶ丘”。

今回訪ねてみてその理由が少しわかった気がしました。

自然に溢れ、丘を登った先にはさらに素敵な場所が待っていて、雫の言葉を借りればまさに「洞窟で宝箱を見つけた感じ」でした。

 

そして探索が終わった後の『カントリーロード』を聴きながら歩く帰り道は物語の世界に入り込んだようです。

是非聖蹟桜ヶ丘を訪れて映画の世界に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

 

カントリー・ロード

カントリー・ロード

 

 

※聖地のほとんどが静かな住宅街となっています。巡礼をする際は騒いだりせずにマナーを守って楽しみましょう!

 

 

 

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]

 
耳をすませば [Blu-ray]

耳をすませば [Blu-ray]