ラビットシネマ

映画館やVODで鑑賞した映画をただただ褒め尽くすブログです

MENU

伝説のジェダイが誘拐犯!?大人向け教育番組『ブリグズビー・ベア』鑑賞レビュー(ネタバレ)

誘拐され25年間、「ブリグズビーベア」という教育番組だけを見て育った青年が、外の世界で人生を取り戻す物語を描き、その独特なストーリーとマーク・ハミルが出演する事でも話題になった『ブリグズビー・ベア』鑑賞しました。

 

ブリグズビー・ベア (字幕版)

 

目次 

 

 

 

 あらすじ

閉ざされた空間で両親とだけ暮らしてきた青年ジェームスが、ある日突然警察に連れ去られる。「あなたが一緒に住んでいた男女は、25年前にあなたを誘拐したのです」・・・!?突如、外の世界で“本当の家族”とともに暮らすことになったジェームス。偽の両親によって作られた教育番組「ブリグズビー・ベア」から得た知識で育った彼の「常識」が、周囲の人間を騒動に巻き込んでいく。

引用元:映画『ブリグズビー・ベア』公式サイト

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

ネタバレ

 

ジェームスは、外の世界から完全に遮断された地下のシェルターで、両親と3人で暮らしています。

外の世界には有害なガスが充満していて危険だと教えられていた為、地下での生活がジェームスにとって全てでした。

 

そんな彼の唯一の楽しみは毎週ポストに届く教育番組のビデオ「ブリグズビー・ベア」。

今では過去のテープを繰り返し見て研究し、自分の考えをパソコンからフォーラムにアップし、チャットで意見交換に勤しんでいました。

 

朝起きて、朝食を食べて、家の手伝いと勉強を済ませからブリグズビー・ベアを鑑賞した後、両親と夕食を済ませて就寝する。

たまに父親と地上部分にあるガラス張りのようなドーム状の"堤防"と呼ばれるスペースで語りあう。

そんな生活が25年間続き、これからもずっと続くものだとジェームスは思っていました。

 

 

 

そんな日常はある日突然終わりを告げます。

就寝時間が過ぎた後、エアロックを解除してガスマスクを装着し、こっそり家を抜け出すジェームス。

シェルターの扉の屋根に座り込み物思いにふけていると、遠くから数台のパトカーがサイレンを光らせ近づいてきます。

異変を両親に告げるジェームスですが踏み込んだ警察に取り押さえられる両親と保護されるジェームス。

「忘れるなよ 強くあれ!」と言葉を残し、両親は逮捕され、ジェームスもパトカーで連れ去られてしまいます。

 

両親だと思っていた2人は、25年前に自分を誘拐して、隔離されたシェルターで育てた誘拐犯

だという真実を告げられるジェームス。

本当の両親と高校生の妹と暮らす事になるが、偽の両親以外の人と会ったこともなく、地下の生活が全てだったジェームスは何もかもが初めての体験の外の世界に困惑します。

 

何がしたいか聞かれ、ブリグズビー・ベアの新作が観たいと希望しますが、誰もそんな番組の事をしりません。

それもそのはず、ジェームスが幼い頃から観て育ったブリグズビー・ベアという番組は、736話全て、偽の父であるテッドがジェームスの為だけに製作した番組だったのです。

ジェームスが使っていたパソコンもネットに繋がっておらず、チャットのやりとりも全て偽の両親によるものでした。

 

ある日、本当の父と映画館で人生初の映画を楽しむジェームス。

興味を持ったジェームスは映画が誰でも作れることを知ります。

 

人生の全てだった大好きなブリグズビー・ベア

今後、新作が見られない事に落胆していましたが、自らの手でブリグズビー・ベアの続編映画を製作することを決意します。

それからというもの映画の製作方法について、書籍やネットを駆使して学ぶジェームス。シナリオや絵コンテを書き始めます。

 

そして、妹のオーブリーの誘いで訪れた友人宅のパーティーで映画オタクのスペンサーと出会います。

意気投合したスペンサーにブリグズビー・ベアのおすすめエピソードを貸し出しことになりました。

 

映画製作に伴い、警察に押収された番組の小道具を手に入れるために担当刑事のヴォーゲルを訪ねるジェームスですが、小道具は全て証拠品として警察の所有物になるため返却は出来ないと断られます。

そこでヴォーゲルが学生時代演劇部に所属し、役者を目指していた過去を知ります。

真っ直ぐに、自分に正直に好きなものに向き合うジェームスの姿を見て、何かを思うヴォーゲル

後日、ジェームスを訪れ、こっそりと小道具数点を持って来てくれました。

その中にはブリグズビーの着ぐるみの頭部もありました。

 

悪夢の象徴でもあるクマの番組に取り憑かれているジェームス。

そんな息子を心配する両親はジェームスとの時間を取り戻そうと提案するも、映画作りに夢中のジェームス。

そんな中スペンサーから連絡があり、ブリグズビー・ベアの魅力に惹かれたスペンサーの協力を得て、ジェームスの映画作りが本格的にスタートするのでした。

 

スペンサーによって動画投稿サイトにアップされた過去のブリグズビー・ベアの動画が話題になる中、友人の協力や、時には役者を志していた刑事のヴォーゲルにも出演してもらい着々と映画作りは進みます。

 

スペンサーの提案でキャンプを兼ねて、妹のオーブリーら友人と共に撮影の為、遠出をする事になった一同。

そこで撮影の為にジェームスが用意した爆破装置が原因で警察沙汰になってしまいます。

案の定、警察に連行されブリグズビーの頭部を含めた小道具も警察に押収されてしまいます。

 

 

 

ジェームスのブリグズビー・ベアへの執着が病的だと判断され入院することになったジェームス。病院での退屈な生活が始まります。

 

その頃自宅では、映画の撮影風景をオーブリーが両親に見せていました。

そこに映っていたのは、ひたむきに真摯に映画撮影に取り組む笑顔のジェームスの姿でした。

 

 

 

ある夜、そんな病院を抜け出し自宅にこっそり戻るジェームス。

自宅で物音に気付き、音の方に行ってみるとそこには押収されたはずのブリグズビーのベア小道具をトラックから荷降ろしをする両親と妹、刑事のヴォーゲルとスペンサーの姿がありました。

 

失った時間を取り戻そうと水泳やカヌーなど、家族でやりたいことを挙げたリストの代わりに、映画作りを家族全員でやろうと提案する父親。

好きなものに真っ直ぐに向き合うジェームスの姿が両親の考えをも変えたのです。

 

父・グレッグに連れられジェームスは偽父・テッドの元を訪れます。

聞きたいことがあると言うジェームスにテッドは誘拐した経緯を語り始めます。

ですがジェームスの要件は別にあると告げ、ブリグズビー・ベアの続編を製作していることを打ち明けます。

ブリグズビーもテッドが演じていた為、映画の完成にはテッドの声がどうしても必要でした。

その場で脚本を読み上げ、ブリグズビーの声の収録を始める2人の姿にほっこりします。

 

友人や両親、偽・父の協力を経て、遂に出来上がった映画版『ブリグズビー・ベア

いよいよお披露目プレミア上映の日を迎え、チケットは完売しています。

しかし、場内にジェームスの姿は見当たりません。

自分の作品が観客に受け入れられるかどうか怖くて映画を観れないジェームス。

上映終了後に場内に入るとスタンディングオベーションで迎える観客。

温かい拍手喝采に包まれる笑顔のジェームスで映画は終わります。

 

 

 

感想

 

25年間監禁されたというなかなかヘビーな設定とは裏腹に、ブリグズビー・ベアに夢中になり、真っ直ぐに映画作りに向き合うジェームスの姿のギャップが印象的でした。

25年間の監禁生活で出来上がった周囲とのズレによっておこるコミカルな姿にに場内では笑い声も聞こえました。

 

そして、ジェームスの周りの人達の優しさで溢れる作品でした。

同情などでなくブリグズビー・ベアを通じて芽生えるスペンサーとの友情。

真っ直ぐで素直なジェームスに影響され心を許していく妹・オーブリーや刑事のヴォーゲル

悪夢の象徴に夢中になる息子にそれでも愛情を注ぎ向き合おうとする両親。

誘拐という許されない罪を犯すもジェームスの為だけに700話を超えるテレビ番組を作り続けた偽・父テッド。

 

物語に絶対悪は存在せず、全員がジェームスの理解者であることが、重いテーマにも関わらずコメディ色が強くなった要因だと思います。

 

人と違っても否定されても自分の気持ちを大事にすることの大切さを学んだ気がします。

 

そしてなんといっても誘拐犯である偽・父テッドを演じたマーク・ハミルです!!

悪人ではないが奇人で、声の高いブリグズビー・ベアも演じることができるのは彼だけでしょう。

 

 

 

 今、Huluでは期間限定でスターウォーズEP1〜EP6までを配信中です。

2週間の無料期間もあるのでこの機会にぜひ!!

 

≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!

『スター・ウォーズ』映画6作品をHuluで期間限定一挙配信!|フールー

 

f:id:rabbitman12:20180625065905j:plain

SpheroのドロイドがいればHuluでも劇中のシーンに合わせて反応してくれて楽しさ倍増です!

Sphero スター・ウォーズ R2-D2 APP-ENABLED DROID 【日本正規代理店品】 R201JPN【日本正規代理店品】Sphero スター・ウォーズ エピソード7(スター・ウォーズ/フォースの覚醒) BB-8 (ドライブ / ホログラム機能) R001ROW

 

 

ブリグズビー・ベア』は6月23日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかで上映中です。